知りたい!老人ホームのあれこれ

知りたい!老人ホームのあれこれ

老人ホームで働くスタッフについて

近年高齢化社会となっていることから増え続けているとされている老人ホームには、当然介護をするためにスタッフを配置する必要があります。そのため求人サイトなどでも多くのスタッフが募集されているのですが、老人ホームで働くスタッフとはどのような人たちなのでしょうか。
まず基本として老人ホームは高齢者に対して必要な介護や日常生活に関する支援を行っている施設であり、介護士やホームヘルパーなどのスタッフが必要になります。介護士には1級や2級がありますが、老人ホームの種類によってどの程度の資格が必要になるのかは異なります。ほかにも介護福祉士やケアマネージャーなどが必要となっているほか、絶対に必要というわけではないのですが看護師や理学療法士、作業療法士、管理栄養士などが働いている場合もあります。
そして意外なことに、中にはまったく資格を持たずに働いている人たちもおり、この人たちは働きながら資格取得を目指している人がほとんどとなっています。

老人ホームを構成するスタッフについて

老人ホームを構成するスタッフとしては事務員と介護士であるというのが一般的でしたが、近年では看護師の常駐を進めているケースが多くなってきています。看護師が常駐するケースとしては比較的高級路線の老人ホームであるという傾向がありますが、単なる住宅としての老人ホームではなく、いざという時に対応してくれる医療の専門スタッフがいるという安心感が施設の価値を高めるために24時間の体制で常駐する仕組みを採用しているケースが増えているのです。その分入居に必要になる費用も高くなるのですが、それでも安心を採る人は少なくないのです。
この様な社会的な変化もあり、最近では多くの老人ホームが医療機関ではないにもかかわらず看護師の募集を行うようになっています。看護師も病院ではないため医療行為を行えるわけではないのですが、それでも適切な判断をしてくれるという期待感があるために高い需要があるのです。実際にスムーズな病院への橋渡しが可能です。

Favorite

デイサービスの食事を問い合わせ

Last update:2018/12/14